総量規制

総量規制とは

総量規制と言う言葉をご存知でしょうか?おそらくほとんどの方が聞いた事が無いと思うのですが、キャッシングには総量規制対象のものと、総量規制対象外の者があります。

 

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入する事ができないと言う規制の事です。

 

例えば年収が300万円なら、借入限度額は100万円と言う事になります。

 

では、この総量規制の対象となるキャッシングはどれなのでしょうか。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外になります。ですから極端な話年収が300万円でも500万円の借り入れを申し込む事が可能となります。

 

一方消費者金融カードローンは総量規制の対象になります。つまり。上記で説明したように年収の3分の1の規制に引っ掛かるので、年収が300万円の場合は100万円まで、年収が600万円の場合は200万円までと言うようになります。

 

このように総量規制がある為に消費者金融では自分が希望する額を借入できないと言う場合も正直あります。ですから、申込み金額よりも少ない金額で減額承認となった場合は、総量規制に引っ掛かったと思ってください。

 

この総量規制は総額なので、例えば他社で借入をしている場合や、クレジットカードに付随するキャッシング枠を利用している場合などの金額も含まれますので注意が必要です。

 

ですから、100万円以上の借り入れを希望する場合は消費者金融よりも銀行カードローンを選んだ方が良いでしょう。