花粉症

花粉症なのか、なんだか目が痒くなってきたのです。こんなに目が痒くなってしまうということは、花粉症の前兆なのかな。花粉症って、みんなが毎年のように、症状が出ているけれど、その症状をすっきりと治すことって、難しいことなのかなあ。花粉は、その年によって飛散量が多いか少ないかがあるので、毎年その発表には、ドキドキしてニュースを見ています。

 

花粉症になる花粉の種類は、50種類以上といわれています。考えただけでも恐ろしいです。花粉症と言えば、スギ花粉が有名です。でも、その他に反応するひともたくさんいるので、早い段階で調べるようにしました。私は、スギ花粉だけでした。北海道だとハンノキで花粉症になることが多いです。ハンノキ花粉症ではアラフラキシーショックを引き起こしてしまうこともあるようです。アナフィラキシーというのは、たいへん恐いアレルギーで、症状が出た場合は、119番で救急車を呼ぶのはとうぜんですが、なんとそれだけではだめで、現場では緊急の注射薬を打たなければ危ないそうです。この注射は、その緊急さを考慮して文部科学省や厚生労働省などが、『この注射は医師法には触れない』との通達を出しているぐらいなのです。

 

花粉症には、鼻うがいも良いけれど、ちょっとコンビニに行ったり、薬局に行けば、花粉症の対策のグッズや薬などが他にもいろいろと方法があります。それらの花粉症対策は、その時に合ったものを試すようにしています。私は、いつも花粉症の薬を飲んでいるのですが、なんだか眠くなってしまうことがあり、昼過ぎにはウトウトしてしまいますから、薬はあまり飲みたくないですが、鼻水やくしゃみには代えられないです。

 

花粉症でマスクをしていると、くしゃみはある程度防げるのですが、息が苦しくなることがあります。鼻も詰まっているのに、口もマスクでするなんて、ツライです。花粉症のグッズをいろいろ試しているけれど、そういうときには全然効果がありません。あっても、そのときだけです。どれも気休め程度です。

 

花粉症がひどいのに、このあいだなど上司から、外回りに行ってほしいと言われてしまいました。外に行ったら、花粉症が増々ひどくなります。花粉の時期は、目に見えない花粉のことで、いつも頭がいっぱいになります。なんで、こんなことを考えなければいけないのか嫌になる。

 

私は、あまり掃除が好きではないので、花粉の時期も、ついついずぼらになってしまいます。もっと清潔にした方がいいのだろうな。タバコを吸っている人は、花粉症の人が少ない。と聞いたことがありますが、本当なんでしょうか。その為にタバコは吸いたくない。

 

花粉症が、数週間で改善する方法があるらしいのです。テレビやネットで話題になっているらしいので、興味あります。花粉症をどうにかして、治したいのです。このまま苦しむことになるなんて、人生を半分損している気分になりませんか。